Café Dota(協同組合ブランドコーヒー)

Café Dota(カフェ・ドタ)

カフェ・ドタ

カフェ・ドタ(Café Dota)はサンタマリア・デ・ドタ地区のコーヒー協同組合であるコオペドタ社(COOPEDOTA R.L.)のブランドです。
コスタリカ南部にあるロス・サントス地方はミネラル分豊富な土壌と理想的な気候に恵まれ、そこでコオペドタ社は数々の受賞に輝くコーヒーを生産しています。
また、2011年にコーヒー生産者として世界で初めて、カーボン・ニュートラル認証を受けています。世界的に有名なタラス・グルメコーヒーはドタ地区でのみ生産されています。

 

コオペドタ社は 1960年に 96のコーヒー生産農家が参加してドタ渓谷のコーヒー協同組合として設立されました。
今日、800以上の生産農家が参加し、コーヒー生産量は創立時の17倍、年間1,700トンに達しています。
 
協同組合の設立以前、コーヒー農家の生産や販売に関する知識は乏しく、地域内には精製施設もなく、仲介業者に不当な価格で販売せざるを得ない状況でした。
今日、コオペドタ社の組合員はサンタ・マリアにある共同の精製施設でコーヒーを加工し組合を通じて公正な価格で販売できるようになりました。

 

コオペドタ社はロス・サントス地区のコーヒー生産農家の経営を支援すると共に、環境保護を推進しています。
全組合員は「グリーン」なコーヒー、すなわち環境に優しい技術を用いて栽培、収穫、乾燥、焙煎したコーヒーを生産・販売するよう努力しています。

 

また、地域コミュニティと環境保護へ継続して貢献するために、コオペドタ社は持続可能な成長やリサイクル運動の推進、代替可能エネルギーの使用、水資源の消費削減、コーヒー生産過程で生じる副産物の再利用等に取り組んでいます。

 

◆カフェ・ドタ・ケツァール

コスタリカでも指折りの生産地から選ばれたグルメコーヒー。花のような甘い香り、爽やかな酸味とコクのバランス、ほどよいボディ。コーヒー果実本来の風味が味わえます。モーンングコーヒーとしてたっぷり飲むのにオススメです。
ミディアムロースト 200g入り(豆・粉)

 

◆カフェ・ドタ・タラスー

海抜1,650 m以上の高地で、コスタリカ最上のコーヒーが生産されます。深煎り仕上げで、ほどよい苦味とチョコレート系の風味、スッとしたミントのような後味。ドタ産コーヒーの全ての特質が味わえます。ミルクと合わせても、またアイスコーヒーにしても美味しいです。食後や甘い物と一緒に飲むのがオススメです。
ダークロースト 200g入り(豆・粉)

 

◆カフェ・ドタ・レセルバ・エスペシアル

「サンタマリア・デ・ドタ地区の今シーズン特選コーヒー。
芳醇で上品な香り、ほどよい酸味、チョコレート系と柑橘系の風味との理想的なバランス。
すっきりとした後味で豊かな余韻が味わえます。
モーニングコーヒーとして、食後やデザートと一緒に、シーンを問わずオススメできるコーヒーです。
ミディアムロースト 200g入り(豆・粉)

 

コスタリカ生産者直送スペシャルティコーヒー/プロモーションビデオ(英語字幕-日本語翻訳付)  

制作:合同会社エンディレクト (EnDIRECTO, LLC.)
企画:DECosta Rica
協力:Coopedota R.L.

 

Aquiares Coffee & Community(農園ブランドコーヒー)

Aquiares Coffee(アキアレス・コーヒー)

アキアレス・コーヒー&コミュニティ

アキアレスは高品質のコーヒーを生産して100年以上の歴史を持つコスタリカを代表する農園です。
この伝統ある農園で栽培・焙煎・パッキングされたスペシャルティコーヒーをそのままお届けします。
バランスが取れたマイルドな味で爽やかな酸味が特徴です。

アキアレス農園

アキアレスは19世紀末にイギリス人実業家によって設立されました。
高品質で知られるコスタリカコーヒーを始めて栽培し輸出した農園のひとつです。
農園の総面積は 917㌶。うち 675㌶でコーヒーが栽培されており単一のコーヒー農園としてはコスタリカ最大です。
農園はトゥリアルバ火山の美しく肥沃な裾野にあります。
カルタゴ地方トゥリアルバの北7kmに位置し、首都サンホセから車で1時間半の距離にあります。
アキアレスとは先住民の言葉で「川の間」を意味し、その名のとおり、農園は水量豊富なアキアレス川とトゥリアルバ川の間にあり、中央をヘスス・マリア川が流れ、途中に、高さ 30mの素晴らしい滝があります。
農園の空気は澄みわたり、木々は、鳥類やランやアナナスなどの花々の棲家となっています。

アキアレス・コミュニティ

アキアレス・コーヒー&コミュニティ

農園の中央に、約1,500人のアキアレス・コミュニティが形成されています。
この平和なコミュニティは、労働・経済・文化的に農園の経営と密接に関係してきました。
農園経営者は学校や幼児用食堂、スポーツ・レクリエーション施設整備のために土地を提供してきました。
また、住民への宅地販売プロジェクトを推し進め。現在、アキアレスの全住民が自宅を所有し、定着率の高い安定したコミュニティとなっています。

レインフォーレスト・アライアンス認証

アキアレスは Rainforest Alliance認証(RA認証)を取得しています。
この認証は専門家の監査により、アキアレスが社会的・環境保護上の高い基準を満たしたコーヒー農園であることを証明するものです。
これらの基準には、川・土壌や野生動植物の保護、公正な労働条件、適切な防備や医療サービスの提供などが含まれます。
アキアレスは非常に優秀な成績で認証を取得しています。

(参考)RA認証コーヒーについて

レインフォレスト・アライアンス エコラベル

コーヒーの木は、かつては原生林の林冠の下で、環境への影響も与えることなく育てられていました。
しかし、1970年代から、森林の樹木をすべて伐採してコーヒーの木だけを植え、大量の化学肥料を用いて栽培されるようになりました。
このような単一栽培によって、野生生物は消え、土壌が浸食されやすくなり、川は泥と化学肥料で汚染されるようになりました。

アメリカに本部を置くNGOであるレインフォレスト・アライアンスは、伝統的な栽培方法を用いて森林と野生生物を守り、労働者に適切な労働条件を与えている農園を認証し、その農園で生産された製品にエコラベルを付けて流通させるシステムを構築しています。認証の主な内容は、以下のとおりです。

  • 熱帯雨林の日陰で育てること
  • 野生生物を保全すること
  • 化学肥料の使用を管理し、削減すること
  • 労働者に適切な労働条件を与え、地域社会全体が恩恵を受けること

レインフォレスト・アライアンスに認証された農園には様々な樹種が生え、希少な種を含む多くの野生生物が生息していると報告されています。

 

Aquiares Coffee & Community
AquiaresCoffee

アキアレス農園とコミュニティーの紹介
(スペイン語 英語字幕 5分07分)

Café Forestal(協同組合ブランドコーヒー)

Café Forestal(カフェ・フォレスタル)

カフェ・フォレスタル

カフェ・フォレスタル(Café Forestal)はコオカフェ社(COOCAFE R.L.)のコーヒーブランドです。
コオカフェ社は7つのコーヒー協同組合のコンソーシアム(協同事業体)で、コスタリカ各地の 2,000以上のコーヒー生産農家が、社会・環境・経済面で利益を享受することを目的として活動しています。

 

カフェ・フォレスタルは、1988年にフェアトレード認証を取得しています。
コーヒー生産農家には公正な価格が保証されており、かつ、100ポンドあたり 20ドルの奨励金が支払われます。
カフェ・フォレスタルを購入することにより、コスタリカの 2,000以上のコーヒー生産農家の持続的な発展に貢献することになります。

 

コオカフェ社は地球温暖化と気候変動の防止に積極的に取り組んでおり、コーヒーの売上の一部を環境保護活動および社会貢献活動に利用しています。
カフェ・フォレスタルのコーヒーを一袋購入する毎に、25セントが非営利のカフェ・フォレスタル財団に寄付され、提携する協同組合における自然保護や天然資源の持続的な使用のための活動資金となります。

さらに、カフェ・フォレスタルの売上の一部は非営利のイホス・デル・カンポ(農園の子供たち)財団に寄付されて、コーヒー生産農家の子弟の教育支援活動に充てられます。
これら2つの財団の創設を通じて、コオカフェ社は環境問題や社会問題への取り組みを実現しています。

 

◆カフェ・フォレスタル・スペシャル・モンテベルデ

まろやかで繊細な口当たり。プレミアムコーヒーをお好みの方に。
モンテ・ベルデ地区とモンテス・デ・オロ地区の高地で生産されるコーヒーをブレンドしています。
ハーブ系の香りと甘い花の香り。適度なボディと酸味。これらは高品質コーヒーの特徴です。

 

◆カフェ・フォレスタル・スペシャル・タラスー

グルメコーヒーをお好みの方に。100%タラスー地域で生産されたコーヒー豆を用いています。
タラスー地区の土壌は火山の堆積物と石灰岩が特徴で、それぞれがコーヒーに異なる特性をもたらします。芳醇でフルーティな香り、しっかりしたボディと強い酸味はグルメコーヒーの特徴です。

 

◆カフェ・フォレスタル・スペシャル・リザーブ

コーヒー通の高い要求に応えるべく生産された限定版コーヒー。
ウェスト・バレー地区、モンテス・デ・オロ地区、タラスー地区の高地で収穫される最高級のコーヒー豆をブレンドしています。強いチョコレート系の風味、適度な酸味、しっかりしたボディは高品質コスタリカ・コーヒーの特徴です。
標高 1200mから 1,600mの高地で生産される最高級品質のコーヒーです。

 

Daloö Coffee(フレーバーコーヒー)

Daloö Coffee(ダロー・コーヒー)

ダロー・ブティック・コーヒー

ダロー・ブティック・コーヒーは3代にわたりオーナー一族が経営する農園で収穫された、最高級の 100%アラビカ・コーヒーです。
「ダロー」とはコスタリカ先住民の言語でダイヤモンドを意味します。

彼らのコーヒー精製工場は通称「ダイヤモンド」と呼ばれ、1950年にオーナー一族が最初の農園を設立して以来、献身的に精製方法を改善し続けてきたアラビカ・コーヒーのスペシャリストです。
最上のコーヒー果実を選別し、独特で鮮烈な風味が生まれるまで、じっくりとローストしています。
素晴らしい香り、果実、柑橘類、チョコレート、花々の風味の完璧なバランス。そこにほのかな天然エッセンスを加えて更に芳醇なコーヒーとなりました。
本来のコーヒーの風味を損なうことなく、トロピカルフルーツや洋酒などの香りと融合させた伝統的かつ革新的なコーヒーです。

ダロー・ブティック・コーヒーは2014年にパリで開催された世界的フードショーSIALにおいて革新的な商品として選出されました。

10種類の香りのコーヒーを展開しています。

ブランデー(Brandy)

アマレット(Amaretto)

オレンジ(Orange)

イースト(East)

グアバ(Guava)

チョコレート(Chocolate)

パッションフルーツ(Passion Fruit)

バニラ(Vanilla)

ローズ(Rose)

アイリッシュクリーム(Irish Cream)

箱入り Drip type

 

Sun Valley(マーマレード等自然食品)

Sun Valley(サンバレー)

サンバレー・プロダクツは、サンタマリア・デ・ドタ地域で生産される無添加・自然食品の販売促進を目的として、2008年に地元のファミリー企業が立ち上げたブランドです。

有機栽培された原材料を用いて生産する一方で、土壌、水、電力などの資源を合理的に活用することにより農薬や化学肥料に頼らないクリーンな生産を行っています。
農園においては堆肥化などの持続可能な技術を積極的に導入しています。
例えば、家畜の糞尿の大部分は人工的にメタンガスなどのクリーンエネルギーに変換しています。

Santa María de Dota(サンタマリア・デ・ドタ)

サンバレー・プロダクツは人々の健康増進に力を入れており、地域の生産システムから生まれる有機肥料を用いた、新鮮な野菜・穀物・果実の消費拡大を図っています。
地域の農業生産システムの多様化が進んだ結果、サンバレー・プロダクツは、グルメコーヒーの輸出に加えて、イチジク、ブラックベリー、グアバ、タマリロ、イチゴなど高地で栽培される新鮮なフルーツジャムの製造、コーヒー蜂蜜、豚肉、鶏肉も生産しています。

サンバレー・プロダクツは環境保護活動の一環として、同社製品の売上の1%をロス・サントス自然保護地域の植林活動に寄付しています。

◆ローカルフルーツ・ジャム

ロス・サントス自然保護区の山々に囲まれたサンタマリア・デ・ドタ地域のローカルフルーツを使用。
農薬は自然環境との調和に配慮して使用し、持続可能な生産を行っています。
微生物の働きを利用した有機肥料を用いて生産しています。

製造プロセス

  1. 100%手摘みにより収穫した果実を洗浄
  2. 生産に適した果実の選別
  3. 砂糖を適量加えて煮沸
  4. 消毒済のガラス瓶に詰め完全に密閉

 

(冷凍保存されたローカルフルーツ)

 

(清潔な厨房)

 

◆イチゴ(Fresa)

 

◆ブラックベリー(Mora)

 

◆タマリロ(Tomatillo de Palo)

 

◆グアバ(Guayaba)

準備中です

 

◆イチジク(Higos)

準備中です